単3電池で動く
簡易版補声器

エコ補声器

オススメ!
抜群の安心感
さんさ
安心ステッキ
さんさ

補声器のご購入について 補声器の修理について


良い声を出す方法

良い音声を出すには下図のように、あごの真下から40度くらい 斜めの範囲で、補声器の頭キャップの上面全体がピッタリと 皮膚に押し当てる様にしてボタンを押しながら、発声して下さい。
当てる位置は個人差がありますので、ご家族の方に協力してもらい、 一番良いポイントを探してください。

(良い例)
あごを引かず、首に垂直に当てる感じで、
ぴったりと皮膚に押し当ててください。

(悪い例)
補声器の振動部(頂上部)と皮膚に隙間があると、そこから音が漏れ器械音ばかりが目立ちます。
(プレーヤーの三角印を押すとサンプル音声が再生されます)
(*プレーヤーが表示されていない場合は文字をクリックしてください)
1)良い発声例
       

2)良い発声例2
       

1-1)悪い例(時々肌に当たっていない)
       

1-2)悪い例(殆ど肌に当たっていない)
       

2)悪い例(時々肌に当たっていない)
       


(補声器を当てる位置探しのコツ)

1)まず、「あ」の口の形を作ります。(口を大きく開けてください)

2)その状態で、喉の色々な場所に補声器を当てながら音を出して下さい。
  (皮膚が柔らかい所に当てます。治療などにより、硬くなっている部分は
  避けて下さい。)
  補声器をあてる時は、肌にぴったりと当たるよう、軽く押し付けるように
  してください。肌と補声器に隙間があると綺麗な声が出来ません。

3)一番声がはっきり聞こえる場所があると思います。
  その場所が、お客様にとって「一番良い場所」です。

4)次に、発音は「こ~れ~は~」など一音づつ伸ばしたりせずに、
 「これは」といった感じに短くはっきりと発音するよう心がけましょう。

*)ご自身の声を出そうと力まれると余計に声が出ません。
リラックスして口だけを開けるようにしましょう(口パクの要領です)。
呼気は必要としません。

5)短い文章から練習しましょう。
 文章は単語、文節などで短めに区切り、一息ついて次の言葉を発声しましょう。
慣れるまでは以下のように短めに区切りましょう。
(例文の下のプレーヤーの三角印を押すとサンプル音声が再生されます)
(*プレーヤーが表示されていない場合は例文をクリックしてください)

(例 1)
「こんにちは(一息)今日は(一息)いい天気ですね。」
       

「コーヒーと(一息)トーストを(一息)お願いします。」
       

   
            6)慣れてくれば、少し長めに区切ってみましょう。
(例 2)
「今度の旅行は(一息)ドイツか(一息)フランスに行きませんか?」
       

「ちょっと手が離せないので(一息)、一段落してから電話します」
       

       区切る場所などは、方言や会話の流れにより適切な場所が変わります。
慣れた後は、自然に話すように息継ぎや句読点のところで一息つくように、
ボタンを押しなおして会話をしてください。


電池の入れ方
ご使用になる前に、電池を完全に充電してください。底蓋を取り外し、電池の(‐)側を先に(+)側を底側にして 電池を入れて下さい。


上 下 の ボ タ ン の 使 い 方

初期状態では、上下2つのボタンに少しの音程差がついています。
  常音ボタン(上側のボタン)を使うと、標準の音が鳴ります。更に高い音を出したい場合は、高音ボタン(下側のボタン)をご使用下さい。この補声器を初めてご使用になる際は、常温ボタンのみをお使い下さい。高音ボタンは常音ボタンのご使用に慣れてから、ご使用ください。


音 量 調 節 方 法

音量は、音量調節歯車を使って以下の手順で調節できます。
① 常音ボタンと高音ボタンを、各々別々に異なる音量に調節する場合

常音ボタン(上側のボタン)もしくは高音ボタン(下側ボタン)のいずれか(音量を調節したい方のボタン)を押すと、通常どおり音が鳴ります。
 次にボタンを押したまま、音量調節歯車を動かします。
 音量を大きくする場合は上側へ押し上げ、小さくする場合は下側へ押し下げます。
 すると、現在押えているボタン側のみ音量が変化いたします。
② 常音ボタンと高音ボタンの音量を、両方同時に調節する場合。

ボタンを押さずに(音が出ていない状態)、音量調節歯車を動かします。
 音量を大きくする場合は上側へ押し上げ、小さくする場合は下側へ押し下げます。
 その後、常音ボタンや高音ボタンを押してみて、お好みの音量になっているか、確認します。
音量調整後、そのまま5~10秒お待ちください。
補声器が調整した音を記憶します。
記憶が完了すれば、電池を入れ替えても調整した音量になっています。


音 程 調 整 方 法
音程調整につきましては、お近くの販売店、もしくは弊社までお問合せください。
弊社へのお問合せ



電 池 消 耗 量 の 確 認
ゼルボックス デジタル補声器は電池の充電残量が減ってきても、設定した大きさの音量のまま音が出ます。 電池の充電残量が少なくなると、ボタンを押している間赤色のランプが点滅します。
電池が消耗し、正常に作動しなくなると、赤色のランプが点灯したままの 状態になり、音が出なくなります。 (しばらくすると消えます)
この状態になったら、補声器を充電器に差し込むか、あらかじめ充電して おいた電池と交換してください。
設定されている音量や音程によっては、音が出なくなる前に音が途切れ始める場合がございます。
その場合も電池を充電するか、充電した電池と交換してください。

バッテリー残量 有り バッテリー残量 無し


誤作動防止のために
補声器を使用しない時は、底蓋を少し緩めておけば、 鞄やポケットの中でボタンが何かに押されて音が出ることを防げます。
また、補声器をご使用の際は安全紐を首に掛けて持たれる事をお勧めいたします。

Eメールでのお問合せに対応いたします。お気軽にお問合せ下さい。

お問合せフォーム shwakira@theia.ocn.ne.jp

ホームへ