補声器のご購入について 補声器の修理について

左側にメニューが見えていない時はここをクリックしてください

項       目

良い音声を出すには 電池の入れ方  音 程 調 整 電池消耗量の確認


良い音声を出す方法

良い音声を出すには下図のように、あごの真下から40度くらい 斜めの範囲で、補声器の頭キャップの上面全体がピッタリと 皮膚に当たる様に当ててボタンを押して、発声して下さい。
当てる位置は個人差がありますので、ご家族の方に協力してもらい、 一番良いポイントを探してください。

当てる場所の目安

(良い例)
あごを引かず、首に垂直に当てる感じで、ぴったりと皮膚に押し当ててください。

(悪い例)
補声器の振動部(頂上部)と皮膚に隙間があると、そこから音が漏れ器械音ばかりが目立ちます。


(補声器を当てる位置探しのコツ)

1)まず、「あ」の口の形を作ります。(口を大きく開けてください)

2)その状態で、喉の色々な場所に補声器を当てながら音を出して下さい。
  (皮膚が柔らかい所に当てます。治療などにより、硬くなっている部分は
  避けて下さい。)
  補声器をあてる時は、肌にぴったりと当たるよう、軽く押し付けるように
  してください。肌と補声器に隙間があると綺麗な声が出来ません。

3)一番声がはっきり聞こえる場所があると思います。
  その場所が、お客様にとって「一番良い場所」です。

4)次に、発音は「こ〜れ〜は〜」など一音づつ伸ばしたりせずに、
 「これは」といった感じに短くはっきりと発音するよう心がけましょう。

*)ご自身の声を出そうと力まれると余計に声が出ません。
リラックスして口だけを開けるようにしましょう(口パクの要領です)。
呼気は必要としません。

5)短い文章から練習しましょう。
 文章は単語、文節などで短めに区切り、一息ついて次の言葉を発声しましょう。
慣れるまでは以下のように短めに区切りましょう。
(例 1)
「こんにちは(一息)今日は(一息)いい天気ですね。」
「コーヒーと(一息)トーストを(一息)お願いします。」


6)慣れてくれば、少し長めに区切ってみましょう。
(例 2)
「今度の旅行は(一息)ドイツか(一息)フランスに行きませんか?」
「ちょっと手が離せないので(一息)、一段落してから電話します」

区切る場所などは、方言や会話の流れにより適切な場所が変わります。
慣れた後は、自然に話すように息継ぎや句読点のところで一息つくように、
ボタンを押しなおして会話をしてください。

項目へ



補声器への電池の入れ方

交換用の単3アルカリ電池もしくは充電式ニッケル水素電池2本をご用意ください。
底蓋を取ると、内側に器械番号と
電池の向きを書いたシールが貼ってあります。

シールに書いてある電池の向きと
同じ向きに電池をセットして下さい。


*)電池を逆に入れると底蓋が最後まできちんと
閉まりません。

項目へ



発 声 の ボ タ ン の 使 い 方

発声ボタンを押す事で、音が出ます。
喉にあてて、発声ボタンを押して声を出して下さい。

発声ボタンを右側(+側)へ回すと、音が大きくなります。
逆に左側(-側)に回すと音が小さくなります。
調整後に喉に当てて、声を出してみてお好みの音量でお話し下さい。

項目へ



音 程 調 節 方 法

ゼルボックス・エコは簡単な操作でお好みの音程に調整して頂けます。
(1) 補声器裏側の音程セットボタンを押します。

爪楊枝の軸など細い物を使って押して下さい。
"ビボ♪”という音が鳴ります。
*)爪楊枝のとがった方や針など過度に細い物や、
シャーペンの芯など折れ易い物では押さないで下さい。
故障の原因となります。
(2)-1 音程を高くしたい場合

発声ボタンを左(+)側一杯に回し、発声ボタンをトントントンと言う感じで押して下さい。
ボタンを押す毎に一段階づつ音程が高くなります。
(2)-2 音程を低くしたい場合

発声ボタンを右(-)側一杯に回し、発声ボタンをトントントンと言う感じで押して下さい。
ボタンを押す毎に一段階づつ音程が低くなります。

(3) 再度、補声器裏側の音程セットボタンを押して終了です。

爪楊枝の軸など細い物を使って押して下さい。
"ビボ♪”という音が鳴ります。

*)爪楊枝のとがった方や針など過度に細い物や、
シャーペンの芯など折れ易い物では押さないで下さい。
故障の原因となります。

項目へ




電 池 消 耗 量 の 確 認
電池の充電残量が減ってきても、音量は殆んど変わりません。
電池の充電残量が少なくなると、音が断続的になります。
この状態になったら、新しい電池を入れるか、あらかじめ充電しておいた電池と交換して下さい。