濱田産業株式会社









<会社案内>


代表取締役商   号濱田産業株式会社 会社正面

濱田 武司
創業年月明治41年4月
設立年月日昭和37年6月20日
資  本  金1,000万円(授益資本金1,250万円)
所  在  地大阪市西区立売堀3丁目2番12号
連  絡  先電話:06-6541-5439(代)、FAX:06-6541-5954








< 経   歴 >


・明治41年4月、現会長濱田泰央先々代・勝吉が大阪市北区壷屋町に濱田製作所を創立。
 水栓、バルブ、コックの製造を始める。同43年金屋町1丁目に移転する。
・昭和3年、大阪市西区立売堀北通4丁目10番地に出張所を開設、同13年出張所を
 合名会社濱田製作所販売部と改組し、前社長・濱田武がその代表社員に就任し、
 製造・販売の一本化を計る。
・昭和13年満州奉天に永信製作所を創立し、バルブ、コック、水栓の製造を開始する。
・昭和18年12月、当局の指示により、濱田製作所を母体として企業合同会社たる
 大和バルブ工業株式会社を設立、戦時中は海軍、軍需両省の管理工場として
 艦船用バルブの製造に従事する。
・昭和21年10月、関西バルブ株式会社が設立され経営に参加
・昭和24年末同社を解散。
・昭和25年4月、大阪市西区新町に濱田バルブ株式会社を設立、戦前の立場に還り営業を再開。
・昭和37年6月、現在の濱田産業株式会社に改組する。
   この間、(故)濱田武は濱田製作所代表者として
   大阪水栓器具工業組合常務理事、
   日本バルブコック工業組合連合会理事、
   大阪バルブコック商業組合(現大阪管工機材商業協同組合)理事、
   近畿商工局(現経済産業省)連合軍用バルブコックに関する事務嘱託等を歴任する。

  国内販売においては、(株)イシザキ(旧 石崎製作所)の関西総代理店として、
  特許スモレンスキ・チャッキバルブの販売を行うと同時に、(株)キッツ、東洋バルヴ(株)、
  その他各種メーカーのバルブ及び各種配管資材の販売を行い、
  また弊社輸出部は昭和14年設立以来前述取り扱い商品をアメリカ合衆国、カナダ、中南米諸国、
  シンガポール、香港、マレーシア、他東南アジア諸国、中近東諸国、及び南アフリカ、
  北アフリカのアフリカ諸国に<SHW>マークの水栓、バルブコックと共に輸出し
   多大な信用を得ており、又ニクソン・ショックによる円高以降は東南アジア、
   ヨーロッパ、北米等からの半完成品や完成品の輸入も活発に行う。

・平成3年10月、近畿通商産業局より”輸入貢献企業”の表彰を受け、
 輸出入及び国内販売において業績も年々拡大している。

    

戻る